2016年度日本付着生物学会ミニシンポジウム
2016年度日本付着生物学会ミニシンポジウム「動きまわるのをやめた海の生きものたちの展示―特に教育利用や研究の観点から― 」を下記の要領で開催いたします。積極的なご参加をお願い申し上げます。

開催案内ならびに参加申込書は下記よりダウンロードできます。
2016年度ミニシンポ開催案内.doc
2016シンホジウム申込書.doc

開催趣旨
  日本は、JAZA(公社 日本動物園水族館協会)に加盟する水族館だけでも60館を越え、非加盟の水族館を含めた数は100を越える水族館先進国である。その展示活動は多岐にわたり、小型の無脊椎動物から大型の魚類、海生哺乳類までその分類群は様々で、飼育・展示手法も多様を極める。19世紀後半に東京上野や兵庫須磨で産声を上げた水族館は、国内・国際情勢に左右されながらも徐々に運営施設数を増やし、またその施設に導入される各種技術や機材の発達・大型化により、展示の内容も進化し続けている。
  これらのことを背景に、活発な移動や動作を伴わない付着生物の展示にも関心が向けられるようになり、展示の幅は徐々に広がりつつある。様々な分類群、生物種の展示飼育の実際の紹介から、21世紀初頭における現在のその様子を実感したうえで、人と付着生物を結びつける将来像について思いを馳せたい。

開催日時 2016年10月21日 (金曜日)
      午前10時から12時:水族館見学、バックヤードツアー
      午後1時から5時20分:講演会
      午後6時から8時:懇親会

開催場所 名古屋港水族館及び名古屋港ポートビル4F講堂
          (名古屋市営地下鉄名港線名古屋港駅より徒歩5分程度)

講演会プログラム (名古屋港ポートビル4F講堂)
13:00開会
13:00-13:15 会長挨拶、趣旨説明、日程説明、座長紹介
13:15-13:45 ①「葛西臨海水族園における海藻類の育成と展示」
                     戸村奈実子氏 (東京都葛西臨海水族園)
13:45-14:15 ②「名古屋港水族館におけるイシサンゴ類の飼育と展示」
                     星野 昂大氏 (名古屋港水族館)
14:15-14:45 ③「八放サンゴを水槽展示でどう観せるか」
                     今原幸光氏 (公財 黒潮生物研究所 和歌山研究室)
14:45-15:00 休憩
15:00-15:30 ④「仙台うみの杜水族館でのマボヤとマガキの展示」
                     萬 倫一氏 (横浜・八景島シーパラダイス)
15:30-16:00 ⑤「フジツボ類の飼育・展示と調査研究」
                     塚本博一氏 (元・神戸市立須磨海浜水族園)
16:00-16:30 ⑥「深海性付着生物、動きの少ない深海生物の飼育と展示
                     ~その現状と課題~」
                     杉村 誠氏 (新江ノ島水族館)
16:30-17:00 ⑦「名古屋港の付着生物を用いたボランティアによる解説活動」
                     春日井 苗子氏 (名古屋港水族館)
17:00-17:20 総合討論、閉会の挨拶

参加申し込み・当日の参加方法
【事前申し込み】
●事前申し込みは、シンポジウム参加申込書に必要事項を記入したうえ、日本付着生物学会事務局( E-mail :sosj-post@bunken.co.jp  FAX :03-3368-2822)までメールに添付か、ファックスにてお送りください (できるだけE-mailでのお申し込みをお願いいたします)。なお、申し込みは各自1枚ずつ申込書をお送り願います。申し込み締め切りは、2016年9月30日(金)です。
●名古屋港水族館の見学(バックヤードツアーを含む)を希望される方も必ず事前の申し込みが必要となります。申込書の該当部分に丸印を付けてお送りください。
バックヤードツアーにつきましても、参加申込書に併記する形で事前参加申し込みしていただきます。定員は先着40名までで締め切らせていただきます。(締め切り後の申し込みになった場合は、バックヤードツアーに参加できない旨の連絡を後日差し上げます。バックヤードツアーへも参加を希望される方は、早めにお申し込み下さい。)

【当日の参加方法】
●名古屋港水族館の見学から参加を希望される方は、名古屋港水族館チケット売り場右手に9:30から設けられた「日本付着生物学会シンポジウム参加受付」デスクまでお越しください。10:00までに受付を済ませたのち、10:00にこの受付デスク周辺に集合してください。入館は一斉で行います。
●水族館見学の方の中でバックヤードツアー(11:00開始、所要約40分間)参加ご希望の方(申し込み先着40名、水族館見学料に込み)へは、水族館見学集合時にツアー出発時の集合場所等を説明いたします。
●シンポジウムから参加の方は、ポートビル4階講堂までお越しください。12:30から受付を始めます。

参加費用
① シンポジウム参加料
会員:1,000円 学生会員:無料 非会員:2,000円 非会員学生:1,000円
② 名古屋港水族館見学希望者は上記料金に一律1,000円を加算いたします。水族館見学のみの参加料金の設定はありません。バックヤードツアー料金は、水族館見学料に含まれているため追加の必要はありません。
③ 懇親会参加料(会員・非会員一律)    一般:5,000円 学生:3,000円

参加・発表の申し込みおよび問合せ先
  日本付着生物学会事務局
  E-mail:sosj-post@bunken.co.jp
  TEL:03-5937-5716
  FAX:03-3368-2822

  郵送:〒162-0801 新宿区山吹町358-5
      アカデミーセンター
      日本付着生物学会事務局

当日の連絡先

当日急遽連絡を取りたい場合は、以下の担当者携帯電話まで連絡をお願いいたします。
  日本付着生物学会 運営委員(企画担当) 
  植田育男
  携帯電話:080-1143-1181
フジツボの分類と生態を勉強する会 <終了しました>
2016年5月22日~5月24日、京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所にて「フジツボの分類と生態を勉強する会」が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

P5230457.JPG

2016年度総会・研究集会 <終了しました>
2016年3月30日、東京海洋大学 楽水会館にて2016年度日本付着生物学会総会・研究集会が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

2016年度日本付着生物学会総会・研究集会集合写真

James T. Carlton博士特別講演<終了しました>
2016年2月24日、銀座貿易ビル6階ROOM-BにてJames T. Carlton博士特別講演「東日本大震災による津波にともなう漂着瓦礫がもたらした海洋無脊椎動物の越境移動について」が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

James T. Carlton博士特別講演.jpg

2015年度日本付着生物学会シンポジウム<終了しました>
2015年度日本付着生物学会シンポジウム
「動くのをやめた海の生き物たち −海洋付着生物の分類と生態−」


2015年10月2日~3日、東京大学山上会館2階大会議室にて2015年度日本付着生物学会シンポジウム「動くのをやめた海の生き物たち −海洋付着生物の分類と生態−」が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

025.JPG

「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」<終了しました>
2015年9月16日~17日、一般財団法人 函館国際水産・海洋総合研究センターにて第4回ワークショップ「船底塗料と海洋環境に関する最新の話題」が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

20150916函館4WS

2015年度総会・研究集会 <終了致しました>
2015年3月27日、東京海洋大学 品川キャンパスにて2015年度日本付着生物学会総会・研究集会が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

2015総会研究集会.jpg

ミニシンポジウム外洋・深海の付着生物<終了致しました>
2014年10月24日(金), 海洋研究開発機構横須賀本部講堂にてミニシンポジウム「外洋・深海の付着生物~フロンティア研究の現状~」が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

PA240015.JPG
平野禮次郎先生追悼講演会・偲ぶ会<終了致しました>
2014年3月21日, 東京大学弥生講堂 一条ホールにて平野禮次郎先生追悼講演会が開催されました。ご参加の皆様、並びに開催にあたりましてご尽力賜りました皆様、ありがとうございました。

集合写真.JPG
追悼講演会後の偲ぶ会での様子 (フォーレスト本郷にて)
Sessile Organisms投稿規定 改訂のお知らせ
Sessile Organisms投稿規定が改訂されました。これに合わせ, 原稿の書き方も変更されています。
詳細につきましてはホームページ内「投稿規定」, 「原稿の書き方」をご覧ください。
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
日本付着生物学会事務局
Tel 03-5937-5716 Fax 03-3368-2822
e-mail sosj-post@bunken.co.jp